トランシーバーの今昔|通信機器でお馴染みのwifi・トランシーバーなどのお話

トランシーバーを使ったことありますか?

トランシーバーは携帯電話とは根本的に違います。何がどう違うのかをQ&A方式で見てみましょう。

携帯電話とトランシーバーの違い

何がどう違うの?

携帯電話は回線を通じて様々な携帯電話と通話が可能であり、回線さえ繋がっていれば何百キロ離れた相手とでも通話が可能です。対して、トランシーバーは電波を通じて通話をするため、お互いのトランシーバーの電波が届かない場所では通話ができません。

じゃあ携帯電話で全部できるのでは?

もちろんそう簡単な話ではありません。たしかに便利さでいえば携帯電話の方が優れていますが電話回線の届かない場所においてはトランシーバーのほうが通話できますし、ボタン一つで通話ができるためすぐに会話ができるというメリットがあります。

トランシーバーの今昔

無線機

トランシーバーのメリット

上記したように、お手軽な通話や、電話ができないところでも通信ができるのがトランシーバーのメリットです。よって、野山で遊ぶサバイバルゲームや電波の届きにくいところの警備など、迅速かつ電波がキャッチできる距離なら問題なく通話できるため、トランシーバーのほうがメリットは多いです。

レンタルか、購入か

トランシーバーは携帯電話と比べると安価で入手しやすく、また購入してなんの手続きも必要なく即使用できます。しかし、一日二日程度しか使わないのでしたら、購入よりもレンタルのほうが安価であり、自宅で保管しなくても良いのでスペースを取りません。

広告募集中